一戸建てに多い越境物のトラブル

バナー

一戸建てに多い越境物のトラブル

一戸建てに住んでいると、隣の庭に植えられた木の枝がこちらの敷地内に侵入している、ということはよくあります。特別生活に支障がなくても、気になるものです。侵入しているほうが悪い、と勝手に枝を切り落としてしまう人もいますが、いうまでもなくそんなことをしては隣家と険悪になってしまいます。

伊勢の新築一戸建ての特徴をご紹介する情報です。

他にも隣の家の屋根から落ちる雪がこちらの敷地に入る、隣の家の雨樋から雨水が入ってくる、などがあります。

松阪の新築一戸建て情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

このように敷地をまたいで侵入してくるものを越境物と呼び、一戸建てではよくあるトラブルです。

裁判沙汰にまで発展するケースも珍しくありませんが、そこまでいくと二度と円満な近所付き合いはできなくなるでしょう。
話し合いで解決しない時は、最終的には裁判に訴えるのが法治国家では正しい姿ですが、そこまでいくまでになんとか穏便に解決したいものです。

あなたが探していた三重の新築一戸建て情報を幅広くご活用下さい。

話がこじれる前に解決するには、とにかく我慢せずに、気がついた時に話し合いをしてその都度対処していくことです。

我慢するとそれがストレスになり、いきなりけんか腰になってしまうことがあります。
相手はまったく悪気がなく、1度注意すればすぐに対処してくれたかもしれないのに、売り言葉に買い言葉で話がこじれる、ということがあります。
下手に出ても対処してくれない相手には次の手を考えれば良いだけです。
まずは丁重に越境物を対処してくれるよう、お願いする、というところから始めましょう。


一戸建てに住むなら、ご近所とも上手く付き合っていかなければなりません。

Copyright (C) 2015 一戸建てに多い越境物のトラブル All Rights Reserved.